習作:吊り橋

01






「#8778 border Ambush」は吊り橋が活かされた好印象のセットだったのですが「もっと立体的な吊り橋が出来ないか」と考えて作っていた試作と言うか、放置されていたモデル(^_^;)。
最終的には、白のプレートはブラウンに、白の紐パーツもグリーンにしたかったものです。試作なので、橋台も適当。


0203


「吊り橋」という事で、下の段の紐パーツは二次曲線として「たるませる」わけですが、紐パーツの長さや等ピッチに並んでいる「クリップ受け」などの制約もあって、上の段の紐パーツを成立させるには三次曲線(でいいのかな?)にするしかないような感じでした。
「なめらかさ」という点では、山中にありそうな吊り橋だから多少は許せるレベルかな。
都市型のモダンなデザインの橋には不向きな手法ですね。
「美しい曲線で構成された橋」は今後の目標の1つにしたいと思っています。


05
04

側面部分の左右への開き具合はダイナミックだけど、ちょっと大き過ぎかな。







06

吊り橋効果で恋に落ちる二人。


2006.08.10